日別アーカイブ: 2017-1-15

依頼するメリットとは

まず、弁護士に売掛金回収を依頼するメリットの一つ目としては、『確実に回収できる可能性が高くなる』という点です。こちらが弁護士を雇って対応しているということが相手側に分かることとなりますから、ほぼ強制的な手段に出た、ということに関して表明することができるため、相手側も行動を起こさなくてはならない、となる可能性が高くなります。もちろん、この時点で何かアクションが起こされれば良いですが、それでも解決されない場合、調停等の法的手段に出ることとなります。

二つ目は、『手間が掛からない』という点です。売掛金の回収をすべて自分で行おうとすると当然ですが手間が掛かります。手続きも正確に行わなければいけませんし、関連する書類等も把握しておかなければなりません。しかし、弁護士に依頼することができれば、それらの手続きを行ってもらうことができますので、より正確な手続きができ、時間や手間の短縮にもなります。方法が分からないという方は弁護士に依頼するべきでしょう。

このように、売掛金の回収を弁護士に依頼することには大きなメリットが挙げられます。この段階を飛ばさずに、迅速に決断して行動するなら問題が長引かずに済むでしょう。

関連サイト[売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所]

弁護士に売掛金回収依頼?

取引上、何らかの制約を受けて契約を履行できないことは起こりうることですが、故意に契約を破るような行為が、行われることもあります。本来それはあるべきではありませんが、実際の契約上、そういったことが起こりうることも、考え得るリスクの一つです。特に、信用上成り立っている契約であれば、そういった問題が発生するリスクも考えなければなりません。例えば、取引先に何らかのサービスを提供しているとして、それをすぐに売り上げとして計上できないため、いわば『売掛金』として計上することがあります。本来この売掛金は支払われるものですから売掛金としてプラス計上できますが、もしその売掛金が支払われないとすれば、逆に損失になります。

契約上そういったことは起こってはいけないことですが、実際に取引先から売掛金の支払いが行われないということは起こりうることです。それは、度合いが増すと法的なトラブルにすら発展することもあり、問題が長期化する可能性もあります。裁判に発展した場合やはりお互いの関係性というのは損なわれることになりますから、できるだけそういった展開にはしたくないものですが、やむを得ないこともあります。

本来支払われるはずの売掛金の支払いがなされない場合、その売掛金回収のために、弁護士に回収を依頼することができます。それは、法的措置を取るというアピールにもなりますが、実際に弁護士に売掛金回収を依頼することには様々なメリットがあります。