日別アーカイブ: 2017-1-25

依頼するデメリットとは

では、弁護士に売掛金回収について依頼するデメリットはあるのでしょうか。まず、『回収が失敗する可能性はある』という点です。債務の場合、債務が回収できないからといって、もし相手が仕事等をしておらず、全く支払う能力が無い、という現状の場合、物理的に回収をすることはできません。

売掛金の場合も回収が不可能となっている状態があり、例えば取引先の会社が倒産している場合、それも破産に関する申し立て等が行われている場合は、直接的な売掛金などの回収ができませんから、他の方法で行うこととなります。こちら側に買掛金がある場合は「相殺」という方法が取れますが、そうでない場合は、正式に訴訟によって回収する方法などが考えられます。

全く請求ができないケースとしては、『時効』があります。売掛金の未払いに関しても、最高5年間が経過した場合、それは時効によって消滅してしまいます。途中でその期間を延ばすことも可能ですが、時効には注意しなければなりません。強制執行に至るまでに、債権が回収できる予定が立てば良いですが、そうならないことも考えられますので、それらの手続きに関して弁護士に依頼することができる、という点は覚えておく必要があるでしょう。