弁護士に売掛金回収依頼?

取引上、何らかの制約を受けて契約を履行できないことは起こりうることですが、故意に契約を破るような行為が、行われることもあります。本来それはあるべきではありませんが、実際の契約上、そういったことが起こりうることも、考え得るリスクの一つです。特に、信用上成り立っている契約であれば、そういった問題が発生するリスクも考えなければなりません。例えば、取引先に何らかのサービスを提供しているとして、それをすぐに売り上げとして計上できないため、いわば『売掛金』として計上することがあります。本来この売掛金は支払われるものですから売掛金としてプラス計上できますが、もしその売掛金が支払われないとすれば、逆に損失になります。

契約上そういったことは起こってはいけないことですが、実際に取引先から売掛金の支払いが行われないということは起こりうることです。それは、度合いが増すと法的なトラブルにすら発展することもあり、問題が長期化する可能性もあります。裁判に発展した場合やはりお互いの関係性というのは損なわれることになりますから、できるだけそういった展開にはしたくないものですが、やむを得ないこともあります。

本来支払われるはずの売掛金の支払いがなされない場合、その売掛金回収のために、弁護士に回収を依頼することができます。それは、法的措置を取るというアピールにもなりますが、実際に弁護士に売掛金回収を依頼することには様々なメリットがあります。